ヨガ > スクールからのお知らせ一覧 > がん経験者のためのヨガ~乳がんやがんとともに生きていくためのヨガ

がん経験者のためのヨガ~乳がんやがんとともに生きていくためのヨガ

がんを経験した方が安心して受講できる2つのヨガクラスをスタートします。

身体や心を気遣いながらの通常のヨガクラスにはまだ不安を感じる。。。という方は、ぜひ参加ください。

がん経験者のためのヨガ概要

1. がん経験者のためのヨガ Yoga as a 'cancer gift'

日程:毎月第1日曜日13:00-15:00 
場所:UTL三軒茶屋トレーニングセンター 
講師:
[YOGA]ムラヤマ美智子、tomoko☆
[Sound Healing]和海(クリスタルボウル)ほか
受講方法:ご予約不要。30分前より直接スタジオへお越しください。

maggiestokyo_logo.png


2. 乳がんフレンズヨガ

日程:毎月第2月曜日14:20-15:40 
場所:UTL4階スタジオ
講師:中里貴子
受講方法:ご予約不要。30分前より直接スタジオへお越しください。


がん経験者のためのヨガ Yoga as a 'cancer gift'


maggiestokyo_logo.png

【日程】
毎月第1日曜日13:00-15:00
【2016年上半期開催予定日】
4月10日(日)がんサバイバーのためのヨーガ+メディカルカフェ
5月8日(第2日曜日)
6月5日

【対象】
がん告知 後、あらゆる治療、療養等を経験されている方。担当のお医者さまの承諾を得ていらっしゃればどなたでもご参加いただけます。またサバイバーシップの考え方に基づき、ご本人はもとより、その家族・ご友人、当事者のケアに携わるかた全てを対象としています。その際はご本人さまとご同伴でおいでいただくのを原則としていますが、それ以外の場合もどうぞお氣軽にお問合わせください。また医療機関のみなさまの視察兼ねた体験参加も歓迎いたしております。
◎問合せ先:info@satyamelagent.com.


【講師】
YOGA:ムラヤマ美智子/tomoko☆(いずれか一名がリードいたします)
Sound healing/Aroma touch healingなど:和海(クリスタルボウル)/山本亜紀子(アロマセラピー)ほか


【プロフィール】

20150417michiko_s.jpg
ムラヤマ美智子

コンセプチュアルな身体表現に演劇的手法を融合させた舞台作品を数々発表。
子育て期を経て、肩の不調をきっかけにヨガと出会う。
以来、時空を超えて先端につながるこの古代の叡智の
素晴らしさに惹かれ、日々精進中。

2011年ご縁あってhigh5yogaをはじめ多くの協力のもとシュクラ/ハラジュク・スタジオを本格オープン。
国内外の講師を招いての多彩なWS開催、企業イベントでのヨガパフォーマンス演出振付担当など、スタジオ内外で
数々のヨーガコミュニティやイベントを参画恊働プロデュース。

ヨーガとアーユルヴェーダを学び実践受け伝えしながら人生と魂の旅を続ける日々。
HIKARU, Emil Wendel, Munindra Panda, Master Sudhakar, Dr.Krishna U.K 各先生方に主に師事。

・シュクラ/ハラジュク主宰 オモハラヨガクラブ共宰ディレクター+ティーチャー
・アーユルヴェーダ・ライフスタイルカウンセラー
・RYT200修了
・UTL公認ヨガインストラクター


20150417kazumi_s.jpg
和海(crystal bowl)
宮城県出身。
2007年頃より神秘研究家の松村潔氏に師事し、西洋占星術や実践的神秘思想を学ぶ。
2009年 高橋雅子氏に師事し、オーラソーマを学ぶ。
2011年 東日本大震災の後、親友でヨガティーチャーのAoにクリスタルボウルを紹介され、
その波動の素晴らしさに感動し演奏活動を始める。
現在は、がんサバイバーの為のヨガクラスや、東日本大震災のチャリティヨガクラス・
個人セッション等で、より深くクリスタルボウルの音色を体感してもらえるよう活動中。

20150417tomoko_s.jpg
tomoko☆(AdhyatmaYoga)
東京・下町生まれ。
アルペンスキーと旅ばかりしていた学生時代を経て卒業後、パティシエとして勤務。
仕事柄、身体を酷使し不規則な生活を続けていた頃、ヨガに出会う。国内外で研鑽・指導経験を重ね、2011年 震災をきっかけに「いつでもみんなが集まれる、安心できるヨガのできる場所を作ろう」との思いから AdhyatmaYoga 設立。

しかしオープンから1ヶ月も経たないうちに、病院での検診をきっかけに「絨毛がん」であることが発覚。化学療法とともに、それまで培ったヨガやインド古典の知識をフル活用し、呼吸法や無理のないポーズの練習、アーユルヴェーダに基づく食事方法や生活の工夫を実践。周囲が驚くほど副作用のとても少ない「健やかながん患者ライフ」を送る。担当医の予想を良い意味で裏切り、当初の予定の半分の期間でがんが陰性化。化学療法を終える。ヨガの持つ心身への効果の高さを改めて強く実感。

現在に至るまで「より良く生きるためのツール」の1つとして、ヨガを日常に取り入れる暮らしを提案中。
*ヨガアライアンス認定ヨガ教師
*ヴァイクンタヨガ正式認定指導者
*HuggerMugger スワミフレンズ
*メディカルハーブコーディネーター

20150417miho_s.jpg
鈴木美穂(すずき・みほ)
1983年10月東京生まれ。2006年、在京テレビ局に入社し報道局に配属。2008年乳がんが見つかり8カ月間休職。復帰後、本業の傍ら、がん患者を支援する活動を継続。2014年、イギリス発祥の"がん患者と支える人たちのための施設"を設立する「maggie's tokyo project」を訪問看護師の秋山正子氏と共に立ち上げ、共同代表を務める。


【受講料】
1,500円
*受講料の一部は「マギーズがんケアリングセンター(がん患者とその家族・友人が自分の力を取り戻す居場所)」
の東京設立を目指すNPO法人maggie's tokyo の活動へと寄付されます。)
*UTLコミュニティメンバーにご登録でない場合は、別途登録料1,000円が必要になります。メンバー登録費は当日受付にてお支払いください。
*UTL各種チケットの利用不可。

【内容】
安心して自分とゆったり向き合い、心身を調和し整えていくヨガの時間。
現在の自分のベストを見つけながら、すっきりとした浄化の感覚と明るく日々に取り組む勇氣と活力を養っていくクラスです。
がんを治療するためのヨガではありません。

けれども、自分の内側と中心が感じられ、余計な不安や怖れがはずれていくことで、
自ずと今の自分に何が必要なのか、カラダやマインドの声が聞こえてくるようなクラスになればと思います。
外の情報を分析してセレクトするのではなく、自ずと今の必要なことが見えてくるようなことです。

また術前術後も含め治療中のストレスからこわばった筋肉なども解し、同時に免疫機能をアップしたり、
調息法を効果的に取り入れ副作用の緩和にもお役立ていただけるようなクラスを目指しています。
抗がん剤治療中の方も、ウィッグをつけてもつけなくてもご自由です。

*yoga :tomoko☆/Miho/michiko
*sound healing with crystal bowl :和海

cancergiftyoga_OLT_-s.jpg

cancergiftyoga_padma_crystalbowl-s.jpg

cancergiftyoga_satsanga -s.jpg


乳がんフレンズヨガについて

【日程】
第2月曜日14:20-15:40 4階スタジオ
※7月は25日(月)開催となります。

【講師】

中里貴子


【受講料】
1,500円
*UTLコミュニティメンバーにご登録でない場合は、別途登録料1,000円が必要になります。メンバー登録費は当日受付にてお支払いください。
*UTL各種チケットの利用可。

【内容】
乳がんやがんとともに生きているいる方が対象です。
ご家族、お友達、一般のかたももご一緒にご参加可能です。

病気、がんというものは治療がはじまっていなくても、告知をされた時点で急速に心や体は変化していきます。
治療が開始されていなくても告知後のかたから現在治療中のかたまでご参加可能です。

クラスは乳がんのかたのためのアーサナや動きが多めのゆったりとしたクラスです。
身体を動かすだけでなく、呼吸や誘導によるリラクゼーションなどの時間もあります。
ヨガの時間をゆっくりと楽しみましょう。

【講師メッセージ】
私自身、2014年に乳がんが見つかり、手術や治療をとおして今までしていたヨガのおかげで
前向きに生きることができています。

辛いことよりも周りのサポートへの感謝を感じることができるようになっています。
がんとともにヨガを通して希望をもって楽しい人生を。

5/4(月・祝)ヨガインストラクターとセラピストのための撮影会 ← がん経験者のためのヨガ~乳がんやがんとともに生きていくためのヨガ → 【新刊】ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 前編 (YOGA BOOKS)
PAGE TOP

最近のエントリー

検索